メニューボタン

INTERVIEW 2

インハウス経験によって高まる
人財価値

社外へ飛び出したからこそ見えてきた事〜モノ〜とは?

トレーディングデスク局 Sales Division リーダー
大和田想
 × 
トレーディングデスク局 Marketing Design Division プロッフェッショナル
杉山甫

インハウス経験時に最も価値提供できたと思うエスワンオーインタラクティブの強み

杉山甫:
1番はやっぱり自社で培ってきたディスプレイ広告運用のノウハウですかね。僕の場合、アフィリエイトを主軸とする代理店様にインハウスさせて頂いたので、運用型広告の基本から応用までを適宜お伝えしつつ、課題に対して一緒に取り組ませて頂いてました。

大和田想:
僕は2つあると思っていて、「運用体制の厚さ」と「エンドクライアントへの提案スピード」ですね。運用体制の厚さとは、運用/分析/オペレーション/ディレクションと役割を明確にし、それぞれ専門のメンバーが従事している点。エンドクライアントへの提案スピードとは、ヒアリング/提案ロジック決め/提案書作成/アポイントまでの流れの早さ。この2点が最も価値提供できたと思える当社の強みですかね!

インハウス経験から最も学んだ事

杉山甫:
自社と自身の課題発見だと思います。僕は外部環境での経験が全くないプロパーメンバーだったので、今回のインハウス経験から様々な面で自社と他社の違いが見れたのはとても新鮮でものすごく良い学びとなりましたね。と同時に外部の優秀な方々と一緒にお仕事させて頂いた事で、僕自身のスキル面の課題も明確に見付ける事ができました!

大和田想:
杉山君が言うように、外部環境に身を置いて初めて見えてくる自社や自身の姿ってありますね!他社との違いもそうですが、当社が求められている事や僕自身が求められている事とか。インハウスだからこそダイレクトに伝わってくるものって結構あるな〜って思いますね。僕はインハウス経験を通じて、「本質の課題を見極める力」が何より重要だという事を学びました。あと、改めて感じるのは、やっぱり「人と人との関係」が最も重要だという事ですね!!

杉山甫:
「人と人との関係」それ!間違いないですね!!これは社内外問わずとても大切な事ですよね。

インハウス経験と今後のキャリア

杉山甫:
インハウス期間終了後、社内でトレーダーチームのリーダーを担当させてもらっています。そこで、他社の良い点を自社の課題として捉え、まずは僕のチーム単位で課題改善に対する動きを取り入れるようにしています!また、その行動を通じて、僕のチームやチームメンバーから全社に対して様々な発信をしていき、良い影響を与えていけたら良いなと思ってます。僕からチームへ、チームから会社へと輪を広げながらインハウスでの経験を還元していきたいと考えています!!

大和田想:
なるほど!杉山君はインハウスの経験を社内にフル還元していきたいと考えてるんですね。プロパーメンバーが多い当社だからこそ、僕達のように外部環境を経験してきたメンバーが発信する事に意味があるのかも!僕はクライアントの課題を多角的に見て解決に導けるようなコンサルタントになる事です。また、そのために自分だけの力ではなく、関係者の力を借りて最大限クライアントに還元できる人財になる事ですね!!

  • INTERVIEW 1

    S1O interactive × 柏村昌司 = Innovation

  • INTERVIEW 2

    インハウス経験によって高まる人財価値

 激変する世界を相手に動き出せ。
 最先端のアドテクノロジーをあなたの武器に。